山形市、メルカリ、ソウゾウが連携協定を締結

公開日
February 3, 2022
カテゴリー
プレスリリース

〜 循環型社会に向けたリユース促進や小規模事業者のEC導入など、山形市の課題解決を支援 〜

image

山形市と株式会社メルカリ(以下、メルカリ)およびそのグループ会社、株式会社ソウゾウ(以下、ソウゾウ)は、2022年2月3日、相互に緊密な連携を図り、双方の資源を有効に活用した活動を通じて、一層の地域活性化および市民サービス向上を図ることを目的に連携協定を締結いたしましたのでお知らせいたします。

山形県内の自治体としては初の締結となります。

1.名称

「山形市と株式会社メルカリ及び株式会社ソウゾウとの地方創生の推進に係る包括連携に関する協定」

2.締結日

2022年2月3日(木)

3.本協定の目的・背景

メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」およびその関連サービスを、ソウゾウは小規模事業者等でも簡単にネットショップを開設できる「メルカリShops」を提供しています。一方、山形市では、循環型社会に向けたリユースの推進や、デジタル化の進展に伴う教育プログラムの充実、産業の活性化などが課題となっています。

メルカリ・ソウゾウが有するICT技術や知見を活用することで山形市の課題を解決し、一層の地方創生の推進に資することおよび市民サービス向上を図ることを目的に、連携協定を締結します。

4.連携事項

(1)循環型社会の推進に関すること

(2)地域経済の活性化に関すること

(3)災害対策に関すること

(4)その他地方創生の推進に資すること及び市民サービスの向上に関すること

5.具体的な取組例

(1)循環型社会の推進に関すること

  • 「ごみ減量・分別大百科」やホームページでのリユース推進の啓発
  • 市民から排出されるごみの中には、再利用ができるものもあることから、リユースの手段の一つとして、フリマアプリ「メルカリ」の利用法を提案し、ごみの減量化について普及啓発していきます。

  • 市の不要な備品等を「メルカリ Shops」に出品します
  • 「メルカリ Shops」を活用することで、ごみの減量及びリユースの推進につなげていきます。

(2)地域経済の活性化に関すること

  • 「メルカリShops」での農作物・農産加工品・特産品等の出店支援
  • 生産者・事業者等への「メルカリShops」ECセミナーを開催し、市場に流通しない規格外農作物や山形ブランドの農作物・農産加工品・特産品等のEC化による新たな販路開拓・拡大の取り組みを支援し、地域経済の活性化を図ります。

3)災害対策に関すること

  • 災害時における寄付(義援金)を募ります。

(4)その他地方創生の推進に資すること及び市民サービスの向上に関すること

  • 教育プログラムの活用
  • 循環型社会実現のために、教育プログラムを活用し、人材の育成を行っていきます。

なお、包括連携にあたり、2月3日山形市役所にて、山形市の佐藤孝弘市長、メルカリ・ソウゾウにおいて、オンラインによる協定締結に関する報告会を実施しました。

メルカリ、ソウゾウは今後もフリマアプリ「メルカリ」や「メルカリShops」を通じて、地域経済の課題解決や循環型社会の推進に取り組んでまいります。

地方自治体・商工団体・農協等向け問い合わせ先】

株式会社ソウゾウは今後、地方自治体や地域の商工団体、農協等の団体との連携も強化し、地域の小規模事業者のEC化支援や地域の特産物を生かした取り組みなど、「メルカリShops」のサービスの特長を活かした、地域課題の解決を目指してまいります。「メルカリShops」の活用・連携をご希望の場合は、株式会社ソウゾウ政策企画担当までお問い合わせください。

会社情報

株式会社ソウゾウ

採用情報

ソウゾウでは一緒に事業を推進させる仲間を募集しています